小笠原の世界遺産登録から1年、旅環境が悪化した?

p120626.jpg
 15日目になりました。
 昨年のちょうど今頃(6月24日)は小笠原諸島が世界自然遺産に登録された時期であり、あれから1年が経ったことになります。

 日本で、いや世界でも有数の遠さである小笠原は、東京から1000キロの太平洋上にありますが、飛行場がないために航空便はなく、船で片道25時間30分をかけて行くしかありません。所要時間だけで見るとその遠さは、世界のどこへでも行けるくらいの距離ともいえます。

 たとえば、世界各地を結ぶ飛行機のどんな長距離便に乗っても20時間以上を飛び続ける便はまれですし、以前存在したJALの長距離便、日本(成田)から(ニューヨーク経由)ブラジル(サンパウロ)行でさえ所要時間は片道22時間ほどでした。

 小笠原は東京から片道25時間半という「果てしなく遠い場所」であり、しかも一週間に1回しか船便がないのです。

 そのような場所ゆえに、海や離島好きの一部以外は小笠原を訪れる人は非常に少なく、年間の観光客数はわずか1万5000人ほど。同じ「東京都」の伊豆大島が20万人以上、八丈島が8万人超が訪れていることからすると、いかに少ないかが分かると思います。

 そんな小笠原諸島が世界遺産という表舞台に立って1年。
 小笠原のことがテレビや新聞で流れる件数は恐ろしく伸びていますし、観光客数が例年の2割も3割も増加しているとも言われています。なかには面白半分か自然を荒らす人も出てきているという報道もあります。

 また、船で25時間半という無茶な距離にもかかわらず、時間に余裕のある熟年層が「世界遺産を見たい」ということで遠征した結果、

 「もう船では行きたくない」
 「雑魚寝の2等船室を利用。寝返りもできないほど混雑しており、父島に着いた日は全身が痛んで観光を楽しむ余裕もなかった」
 「帰りの船旅を思うとぞっとした」
 (日経新聞6月25日夕刊、68歳女性の声)

 などということにもなっているそうです。
 その気持ちを理解できなくもありません。

 私は10年来、小笠原へ行くことに憧れて続けていて、来島の際は万全を期したつもりですし、離島への船旅は鉄道旅並みに大好きで、普通の人よりは少しは船旅に強いと自負していますが、それでも太平洋に25時間半揺られ続け、今までの人生で経験したことがない疲労感を感じました。一緒に行った体力だけはあるはずの妻も23時間くらいは「寝たきり」の状態で、3歳の娘は3度も吐いてしまい、大変でした。
 個人的には日本のなかでは、もっとも厳しい旅をしなければ行けない地のように思っています。

 この6月から「自然保護のための来島抑制」(NHK報道)と「2等船室の居住性を改善」(小笠原海運)という理由で、急に2等船室の定員が3割近くも減らされました。

 そのため今年の夏休み中の船便は、ほぼ売切の状態です。これまでは、定員が1000名以上あったため、ほとんど満席などなることはなかったのですが、今や雑魚寝の2等船室でさえ乗船拒否に逢う始末です。
※なお、「島民(小笠原村に住民票がある客)は、父島営業所にお尋ねください」(小笠原海運サイト)とあるので、島民の「足」は別枠で確保していると思われます

 本当に小笠原へ行きたいと思っている人々にとって、ブームが最高潮の今は、その旅を少しの間、見送った方がいいかもしれません。

 蛇足ですが、熟年世代の方や船が苦手な方でどうしても小笠原を訪れたい場合は、少し高いですが1等船室にしたほうが良いかと思われます。3名以上なら「貸切」にできますし、2名までの場合は相部屋が基本ですが、2等船室と比べ、格段に体力が温存できます。また、部屋数も多いので比較的確保しやすいです。

 定員削減が行われた影響で今後は雑魚寝の2等自由席も、以前のように寝返りがうてないような状況だけはなくなりそうなので、体力的には少し緩和されるはずです。

 ただ、気軽に小笠原へ行こうと思った時は、2等でさえ売り切れているかもしれない状況は、非常に残念ですが。

※ご参考までに、お時間があったらどうぞ!
小笠原航海紀(昨年5月のGWに行った際のレポート)
私家版「おがさわら丸」完全乗船術(できうる限り詳細に情報を集めたつもりです)

写真は昨年(2011年)ゴールデンウィーク中の「おがさわら丸」2等船室(自由席)。どこか野戦病院のようですが、若い人が多いせいか特に気にすることもなく、眠っています。